葬儀の簡単手引き

   

キリスト教の葬儀の流れとマナー

キリスト教は、日本の仏教の慣習を基本とした通夜と告別式を経て荼毘に付す葬儀とは大きく異なり、通夜は行われる事無く教会でミサを行い墓地へ埋葬されます。しかし、日本国内では仏教と同様に通夜と告別式を執り行うと共に祭壇に白い菊やカーネーションを捧げる献花が行われ、献花は喪主や遺族に続いて親族お参列者の順で行われています。献花は、自分の番が来たら速やかに祭壇へ進み係の人から白いカーネーションの花が右手に来る様に両手で受け取り、遺影に向かって一礼し、時計回りで白いカーネーションの根元が祭壇に向く様に回転させると共に左手を下にして献花台に置くのがマナーです。献花後は、神父や牧師並びに遺族に一礼する必要がありますが、死を穢れや不幸と考える仏教とは大きく異なり永遠の命の始まりなのでお悔やみの言葉はタブーとされています。その為、弔電も仏教の様にお悔やみの文言では無く「神のもとに召され安らかにお眠りください。」など適した文言を選ぶ必要があり、香典にも悲しみを表現している黒白の水引をつけないと共に表書きもお花料などにするのがマナーです。一般的な香典返しは、死後1ヵ月目の昇天記念日後にいただいた金額の3分の1〜2分の1程度で故人を記念する品を贈るのが一般的です。ローマ・カトリック教会では、故人の罪の免罪を求める聖書の朗読や言葉の典礼に加え霊的な糧であるパンや主の血とされるワインを捧げる感謝の典礼が行われますが、プロテスタント教会では聖書の朗読や言葉の典礼に加え讃美歌斉唱やオルガン演奏など主に感謝する祈りが中心となっています。
通夜は、カトリック教会では「通夜の集い」と呼ばれる一方でプロテスタント教会では「前夜式」と呼ばれていますが、ナザレのイエスの復活と最後の審判を期する終末思想がある事から海外では行われていません。通夜は、古事記や日本書紀にも登場する日本独自の葬送方法である「もがり」に起源があるとされ、世界の様々な宗教の中でも極めて稀な葬送方法です。もがりは、人間の生命活動が停止する状態を精神的な死と認識するだけで無く故人の遺体が完全に腐敗すると共に白骨化させる事で肉体的な死を認識する葬送方法であり、神代には「もがりの宮」を建築し一般的に3年間故人の遺体を腐敗してから埋葬されています。キリスト教では、終末思想に基づいて故人の遺体を荼毘に付す事無く土葬される事が一般的であり、「もがり」の様に遺体を腐敗させる行為は教義に反した重罪人に対して行われる最も重い罰です。その為、海外ではカトリック教徒もプロテスタント教徒も通夜を行っておらず、日本国内の葬儀は特殊な葬送方法と言えます。
服装は、仏教や神道の葬儀と同様に日本古来の正喪服や真っ黒なフォーマルスーツなどが好ましいとされていますが、落ち着いた色目のワンピースやスーツでも大きな問題が無いとされています。カトリック教会では、信者と非信者では若干の服装の違いがあるので注意する必要があり、海外映画の様に女性の信者が参列する際には黒いベール付きの帽子を被るのが正装です。キリスト教の葬儀は、基本的に神のもとに召されると共に永遠の命のを得られる日とされ、悔やみの言葉がタブーとされている事から「月の涙」や「涙の象徴」とされる真珠はタブーと考える人もいますが、現在のエリザベス女王が着用して出席した事から真珠のアクセサリーもマナー違反とされていません。アクセサリーは、真珠以外では黒曜石やオキニス及び黒珊瑚などの控え目なものが好ましいとされ、マニキュアは可能な限り控えた方が良いとされています。日本国内では、キリスト教の葬儀も仏教の葬儀に準じた部分が多く、基本的には従来のマナーを守っていれば大きな失敗はありません。

キリスト教 , マナー , 供花 , 挨拶 , 服装 , 葬式 , 通夜 , 香典