葬儀の簡単手引き

   

葬儀で持参する香典とは

葬儀に参列をしなくてはならない場合、香典を用意しなくては、と思いますよね。結婚式などは事前に準備をしておくことができますが、葬儀の場合は突然知らされるので、どうしたらよいのか疑問に思ってしまいます。
まず香典とは、ご霊前に供える金品のことです。ご遺族の方に渡すものなのでは、と勘違いしてしまいがちですが、亡くなった方にお渡しするという意味があり、宗教や宗派によっても不祝儀の表書きが違います。少しまえまではお花やお米、お線香といったものをお供えしていましたが、近年ではお花やお線香は親しい親戚や知人が香典の他にお供えすることが多く、一般的な参列の場合はそこまでする必要がなくなっています。
香典は、宗教によって表書きが異なります。仏教の場合は白黒の水引がかけられており、ご霊前やご香典と書かれているもの、神式の場合は双銀の水引がかけられており、御玉串料や御榊料と書かれているものを用意します。キリスト教の時は白無地の封筒を用意し、「御花料」と書くのが一般的です。もし宗教がわからない場合は白黒の水引のもので、「ご霊前」と書かれているものを用意すると良いでしょう。
なお、仏教において浄土真宗の場合は亡くなるとすぐに仏になる、という考え方から、ご霊前ではなく「御仏前」と書かれているものにします。曹洞宗も「御仏前」と書かれているものを使用するので、事前にわかっている場合はそういったものを用意するようにします。
不祝儀袋をよく見ると水引が印刷されているものや高級和紙が使われているものなど様々な種類があります。選ぶ際にはお供えする金額に合わせるのが良く、一般的には印刷されているものは5千円まで1から2万円までは黒白もしくは双銀の水引が7本程度のもの、5万円までは水引が10本以上のもの、それ以上の金額の場合は高級和紙が使われており、大判のものを選ぶと良いでしょう。とはいえ、あまり印刷してある不祝儀袋を用意する人はいません。この中で一番無難なのは、水引が7本程度のものであるので、いざという時のためにあらかじめ購入しておくと良いですね。
金額に関しては故人との関係や自分の年齢にもよりますが、仕事関係や知人であれば5千円から1万円、親戚であれば1万円から5万円程度となります。お世話になった先生や知人であっても3千円から1万円が相場となっているので、あまり多く包んでご遺族の方の負担にならないように注意しましょう。友人などと一緒に葬儀に参列する場合は、あらかじめ友人と相談をして金額を合わせておくと安心ですね。
葬儀の際には香典は受付の方に渡すことが多いです。受付の人は会社関係の人、もしくは故人の遠い親戚という場合が多く、なんと声をかけたらよいか悩みますよね。
葬儀は亡くなった方を偲ぶ会であるので、「このたびはご愁傷さまでございます」と一言添えるだけでよいです。この時語尾である「ご愁傷様でございます」は少しずつ小さな声で言うようにすると良いでしょう。語尾まではっきりと言う必要はありません。そしてお渡しするときには、受付の方の方が不祝儀袋の文字をスッと読めるよう、方向に気を付けてお渡しするようにします。もし袱紗がある場合は袱紗の上に置いて差し出します。もし袱紗がない場合は両手で丁寧にお渡しすると良いでしょう。
葬儀は、事前にわかっていないことが多くわかっていても1日後であることが多いです。いざという時に慌てないように不祝儀袋を購入しておく、数珠の場所を確認しておくといったことを行っておくようにします。女性であれば黒色のストッキングを購入しておきましょう。お葬式用に引き出しを作っておいてまとめて置いておくとすっと用意することができますよ。

声かけ , 宗教 , 挨拶 , 葬式 , 香典