葬儀の簡単手引き

   

葬儀で挨拶をする時のタイミングと注意点について

一般的に葬儀の際に挨拶を行うのは、故人と最もつながりの深かった人が務める喪主と言えます。喪主は葬儀においても様々な役割があり、もしもその責任を初めて果たす立場となったのであれば、どのように行動すればよいのか、どのような挨拶をすればよいのかなど様々な不安を抱えるものです。その役割の中でも一番戸惑うことの多いものが挨拶と言えるでしょう。
喪主の役割としては、遺族の代表として通夜と告別式を行うことが挙げられます。この時には多くの弔問客が訪れるので、その弔問客や親族に対し、お礼のあいさつをする必要も出てくるでしょう。参列者に対しては通夜の終了時や告別式終了時、もしくは出棺時に行います。親族に対しては通夜振る舞いの時や精進落しの時にあたり、この時には親族以外の人が参列することもあります。このようにさまざまな場面で挨拶を行う必要がありますが、それぞれのタイミングでのあいさつの基本や注意点についてしっかりと頭に入れておくことも大切です。
通夜振る舞いや精進落としの時には、食事を行う前にあいさつを行います。食事は家族や親族、友人なども一緒に参加する場合と、一般会葬者も含めて参加するケースと様々です。しかし形式にこだわる必要はありません。ポイントとしては前置きをおかずに長文は避けるようにしましょう。まず内容を整理して参列者へのお礼を述べたら、故人が生前お世話になったお礼を言います。故人のエピソードや思い出、今後の支援のお願いを伝えましょう。事前に自分で文を書いてみて、どこかおかしい部分はないのか親しい人に確認してもらうことが大切です。また話をする際にはゆっくりと話すことを心がけましょう。
通夜や告別式終了時、もしくは出棺時の場合には、参列者に対し喪主が故人に代わってあいさつを行うことになります。しかし近年では司会者が代読するケースもあるので、事前にどちらのケースにあたるのかをよく考えておきましょう。また近年では家族葬を取り入れるケースも多いですが、このような場合には喪主のあいさつは必要ありません。内容としては弔問客のお礼や故人の生前のお礼が含まれていれば、特に定型文にこだわる必要もないでしょう。自分の言葉を含めしっかりとお礼の言葉がのべられるように考えておき、必要であれば事前に紙に書いて準備をしておき、それを読んでも特に問題はありません。ポイントとしては通夜や葬儀が滞りなく済んだことに対して、関係者に感謝の意を表します。そして故人をしのびながら話を聞かせてほしい、ささやかな食事を召し上がってほしいということを伝えます。
このようにあいさつに関してはさほど難しいわけではないことがわかりますが、注意点として忌み言葉に気をつけなければなりません。忌み言葉とは使ってはいけない言葉にあたり、その言葉を使うと失礼に当たります。具体的な例としてはたびたびやいよいよ、ますますなどの同じ言葉を繰り返すものは、使ってはならないとされています。さらに引き続きや続いて、次々など、悲しい出来事がこれからふたたび続いてしまうことを連想させる言葉も避けた方がよいでしょう。生存中という言葉はご生前に言い換え、急に亡くなった場合には突然のことと言い換えるようにします。
葬儀のあいさつはほとんどの人が未経験の状態で務めることが多いため、上手に話そうと思ってもなかなかうまくはいきません。そのため最低限でも使っていはならない言葉を覚えておき、自分の言葉で家族の思い出やエピソード、感謝の気持ちなどをしっかりと込めて伝えれば、多くの場合葬儀社が司会を行ってくれるので、自分でタイミングをはかる必要はありません。内容についてももしも心配があるようであれば、事前に担当のスタッフに相談しておくとよいでしょう。

マナー , 告別式 , 挨拶 , 葬儀会社 , 葬式 , 通夜