葬儀の簡単手引き

   

葬儀と通夜ってどんな感じなのか

誰かが亡くなると葬儀を行うことが多いですよね。その際葬儀に参列するのが良いのか通夜に参列するのが良いのか悩むことがあります。もちろんこの2つは意味が違うことはわかっていますが、どうしても葬式の日に都合がつかないことも。このような時、故人と親しい人で行われることの多い通夜に参列してよいのかも考えてしまいます。
通夜というのは、字のごとく夜に行われるもので、自宅で葬式が行われている頃は夜通し亡くなった方を偲び、ろうそくや線香を絶やさないように皆で見守っていました。近年では葬儀会場で行われることが多く、ある一定の時間になると会場を閉めて一般の方は出入りができないという形態に変わりつつあります。そのため自宅以外の場所で通夜が行われる場合は開始される時間よりも少し前に行って、読経を聞きお焼香をし故人を偲んでくるのが良いと言えます。
服装に関してもどのようにしたらよいのか悩みますね。葬儀の場合は喪服で、というのはわかりますが、通夜の場合は葬式よりもさらに突然行われることが多く、しかも喪服を着用していくとあらかじめ用意しておいたのではと思われるのではないかと心配になります。
昔は黒っぽい服装で行くことが多かったのですが、近年では喪服を着用していく方が多くなり、逆に親しくない人の場合は喪服を着用している方が自然となってきています。
そのため、故人とあまり親しくないようであれば喪服を、親しい場合は黒のスーツ、もしくは黒のものを着用するようにします。ですが服装が喪服でなくても、靴下やかばんは黒色となりますし、派手なアクセサリーも身に付けないようにするのが基本です。特に女性の場合は光沢のあるものは身に付けないようにしてください。靴も音がならないようなものにします。アクセサリーも結婚指輪程度にとどめておくと良いでしょう。男性であれば光り輝く腕時計は外しておくと無難です。
用意するものとしては、数珠、ご香典、ご香典を包む袱紗があります。ご香典は受付にて渡すことが多いですが、故人の自宅で行う場合には、故人の目の前にお供えしたり、ご遺族にお渡しすることもあります。受付がある場合は葬儀の時と同じように、お悔やみの言葉をかけ、香典は読みやすいように文字を受付の人の方に向け渡すようにします。この時返礼品の引換券をもらうことがありますので、なくさないようにお焼香が終わるまでバックなどに納めておくようにしましょう。なお、通夜だけでなく翌日などに行われる告別式にも参列をする場合は香典を渡さなくても良いです。この時は記帳のみを済ませておきましょう。香典がないことが気になる場合は、額を少なめにしておいて告別式の時に一般的な額をお包みしても良いです。地域によって差があるので、どのようにしたらよいのか近しい人に相談をしておくと失敗がありません。
金額に関しては、故人との間柄にもよりますが、告別式に参列しない場合は5千円から3万円程度、告別式にも参列する場合は3千円から1万円程度とします。親戚でない限り、両方参列する必要はないので様々な人と相談をし、どちらの方に行くかを決めておくと不安になりません。
葬儀は、亡くなった方を偲ぶ会でもあります。式場においては知っている人と顔を合わせることもありますし、久しぶりに会う友人もいます。話をしたいと感じることもありますが、会場では私語は厳禁です。大きな声で話をする、いつまでも会場にいて長話をする、といったことは控えるようにしましょう。同じように、ご遺族の方と長話をするのもよくありません。もし話す機会があったとしても、お悔やみの言葉と、故人との思い出を一つ話す程度にとどめておいてください。

アクセサリー , 葬式 , 通夜 , 香典