葬儀の簡単手引き

   

葬儀に参列する際の服装で気を付けたいこと

通夜や葬儀は、大抵の場合突然訪れます。親しい人が亡くなって急に参列しなければいけなくなったけれど、何を着たらいいかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。社会人になりたてだったりすると、喪服を持っていないということもあります。急に購入するのが難しい場合もあるので、万が一の場合に備えて喪服は普段から一そろい準備しておきたいものです。
葬儀に参列する際には、服装にも十分に気を付ける必要があります。喪服を着る場合が多いと思いますが、喪服には故人に対して哀悼の気持ちを表すものです。マナー違反にならないように、注意して選ぶようにしましょう。
葬儀の際の服装には、モーニングや和装などの正式なものとブラックスーツ・ブラックフォーマル等の略式なものがあります。モーニングや和装の方が格が上になりますから、モーニングや和装は基本的には故人とつながりの深い親族が身に付けます。参列するだけであれば、親族よりも格が上にならないように略式のものを着用します。
ブラックスーツの場合にはダブルやシングル、三つ揃いなどの種類がありますが、どれを選んでも大丈夫です。シャツは白で、ネクタイは黒無地のものを身に付けます。靴も黒い色を選ぶ必要があり、金具がついているものは葬儀の場にはふさわしくありません。華美な腕時計なども相応しくないので、外すようにします。金のネックレス等も身に付けないのが望ましいですが、結婚指輪であれば大丈夫です。ネクタイピンなども使わないようにしましょう。
女性の場合にはブラックフォーマルと呼ばれるワンピースやアンサンブル、スーツを着用します。肌をあまり見せないようにするのがマナーなので、暑い夏の時期でも半袖などは相応しくありません。少なくとも5分袖程度にするようにしましょう。黒いストッキングをはき、靴も黒い色にします。冬の寒い時期であればストッキングの代わりにタイツをはいても大丈夫ですが、人によってはタイツよりもストッキングの方がいいと考える人もいます。地域性などもあるので、事前に周囲の人に話を聞いておいた方がいいかもしれません。靴はシンプルなパンプスなどが最適で、ヒールの高さは3cmから5cmが適しています。黒い靴といってもエナメル素材は光沢があるので、避ける必要があります。スエード素材などもカジュアルな印象になってしまいますし、オープントゥのパンプスやブーツも避けた方が無難です。金具やリボンも付いていない方が適しているといえるでしょう。
葬儀の場では、基本的にアクセサリーは身に付けないようにします。ただし、真珠やブラックオニキス等のネックレスは良いとされており、結婚指輪も特に問題はありません。バッグは光沢のない黒いフォーマルなものを持つようにします。金具のついていないシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。髪の毛をまとめる時には、低い位置で黒いゴムやピン等でシンプルにまとめるようにします。それから殺生をイメージさせる毛皮やファーなどは葬儀の場合には相応しくなりとされています。
通夜の場合には、ブラックスーツやブラックフォーマルではなくても地味な服装であれば大丈夫とされています。故人と親しかった人達が取り急いで駆けつけるという意味があるので、平服でも問題ありません。濃紺やダークグレーといった地味な色のスーツであれば大丈夫です。明るい色調のスーツは控えるようにしましょう。女性の場合には、ストッキングはベージュでも問題ありません。ただし、最近ではお通夜のみ参列することも増えています。急でない場合には、ブラックスーツやブラックフォーマルで参列する方が無難かもしれません。

アクセサリー , スーツ , マナー , 服装 , 葬式 , 通夜