Categories: 弔電記帳香典

葬儀に行けない場合の対応とは

日頃から親しくしていた人が亡くなった場合には、その葬儀にはかならず参列したいものといえますが、仕事や家庭の事情などによって、どうしても行くことができない場合はあるはずです。このような場合であったとしても、亡くなった人への敬意をもって、哀悼の意思を遺族に伝えておくのは、当日参列する際の服装や焼香の作法などと同じく、ある意味での葬儀に関連したマナーの一種といえます。実はこのような方法はいろいろと考えられますので、その場にふさわしい方法を選んで実行すべきでしょう。
もしも遺族から直接、葬儀の日時などを伝えられた際に、日程上参列できないことが明らかにわかっている場合には、お悔やみのことばを述べるとともに、その旨を簡潔に伝えます。喪主を誰にするのかを決めたり、日時や場所を選んだり、僧侶や祭壇の手配をしたりと、遺族はこの時期何かと忙しく、しかも心の準備もなくいきなり訪れた機会のはずですので、特に参列ができない理由などを長々と伝える必要まではありません。仕事のためにやむを得ない事情がある、病気のために体の自由がきかない、遠方なので参列ができないといった理由を簡単に述べるだけでも特に問題はないはずです。その代わりとしてお断りをしたあとの対応を真心をこめてすればよいという考え方で行動するのが肝心です。
具体的に葬儀に行けない場合の対応ですが、まずは弔電を送るという方法があります。会社の重役や政治家などがみずから参列ができない場合などに弔電を打ち、それが当日の会場で披露されているのを見聞きした経験がある人は多いはずです。これは何も役付きの人に限った話ではありませんので、同様に電報によって弔意を伝えることが可能です。ただし当日に司会からその内容が会場で披露されたり、氏名が紹介されたりするのかどうかは、あくまでも当家の判断になります。最近ではさまざまな電話会社経由で電報を打つことができますし、依頼をする場合にも専用ダイヤルまたはウェブサイトが用意されています。弔事用の文章のテンプレートや台紙などもありますので、依頼をする際にオペレーターに質問するか、またはサイトに掲載されているサンプルを見て、適切なものを選べばよいでしょう。
また葬儀に行けない場合であっても香典を遺族に渡しておくことは最低限必要となります。会社や地域で知っている人に参列する予定があれば、その人に香典を託しておいて、当日は本人の代理として受付で渡してもらうとともに、記帳も済ませてもらうのが基本です。この場合には依頼した人が香典返しを持ち帰ってきるはずですので、たしかに受領されているのかどうかがわかります。もしも近くで参列する人が見つからない場合には、現金書留で不祝儀袋に入ったものを郵送するか、または後日自宅を訪問した上で遺族に手渡すという方法になります。
ほかには花輪や生花を贈ることによって弔意を示すという方法があります。会場の入口にある氏名が書かれた大きな花輪や、会場内の祭壇の脇に置かれた生花などがこれにあたりますが、通常は会場を取り仕切っている葬儀社で受け付けていますので、あとはその会社に電話をするなどして用意してもらい、代金の支払いなどは相手からの指示にしたがいます。もしも担当の会社名がわからない場合であっても、会場となっているセレモニーホールや斎場などに電話をかけて確認すれば教えてもらうことができます。
このような対応のいずれかをひととおり済ませた上で、後日あらためて自宅まで弔問に行くことも考えられます。遺族にとっては四十九日の法要など、実は当日を過ぎても忙しいことがありますので、電話などで相手の都合を確認してからのほうがよいでしょう。まだ香典を渡していない場合には、その際に遺族に直接渡すこともあります。香典以外にも菓子折りなどの霊前にお供えすることができるものを持参しておくのもひとつの方法です。
admin

Recent Posts

  • アクセサリー
  • 葬式
  • 通夜
  • 香典

葬儀と通夜ってどんな感じなのか

誰かが亡くなると葬儀を行うことが多いです…

  • 声かけ
  • 宗教
  • 挨拶
  • 葬式
  • 香典

葬儀で持参する香典とは

葬儀に参列をしなくてはならない場合、香典…

  • 告別式
  • 日にち
  • 火葬
  • 葬式
  • 通夜

葬儀の日程ってどのようになるの?

葬儀とはお通夜や告別式などのお葬式のこと…

  • アクセサリー
  • スーツ
  • マナー
  • 髪型

葬儀の時の髪型はどうすれば良いの?

急にお葬式に参列しなければならないケース…

  • 供花
  • 告別式
  • 火葬
  • 葬式
  • 費用
  • 贈り物
  • 通夜
  • 骨上げ

葬儀にかかる全体の費用と内訳とは

国内での葬儀費用としておよそ250万円ほ…

  • スーツ
  • トラブル
  • マナー
  • 告別式
  • 服装
  • 通夜

葬儀に参列する際のマナーについて

葬儀に参列する際のマナーについて様々なと…