Categories: アクセサリースーツマナー髪型

葬儀の時の髪型はどうすれば良いの?

急にお葬式に参列しなければならないケースは多いと言えますが、結婚式などの場合は、予め招待状を受け取り、結婚式の日取りに合わせて髪型を整えることもできます。しかし、葬儀の場合は結婚式とは異なり、急に知り合いの人が他界してしまい、参列しなければならないなど、美容院や理髪店などに出掛けることができないケースも多いわけです。但し、葬儀に参列するからと言って、美容院で髪の毛をセットして貰う、理髪店で刈り上げて貰ったり、もみあげをカットしてし貰うなどを行う必要はありませんし、長髪の場合でも後ろで結わくなどをすれば葬儀に参列することはできます。あくまでも失礼がないようにすることが重要であり、髪の毛が伸びていても問題はないのです。

尚、葬儀に参列する時の髪型はどのようなものが良いのか、良いものと悪いものの事例を知りたいと考えている人も多いと言えます。髪型以外にも、アクセサリーやメイク、服装なども正しいマナーには何があるのか、あまりお葬式に参列したことがない人にとっては気になる部分ですよね。服用についてですが、お葬式の時には男女などに関係なく、黒色のシンプルさを持つ喪服と呼ぶものを着用するのが一般的です。女性はスカートもしくはパンツの何れかでも構いませんが、服装だけにとらわれてしまうと失敗してしまうケースもあります。スカートの時にはストッキングを着用することになるかと思われますが、黒色にまとめることがポイントですからストッキングも黒色を選ぶこと、柄などがないシンプルなものを選ぶようにしましょう。男性は、白いワイシャツに黒いネクタイが定番、靴下もお焼香の時には靴を脱ぐことになるので黒色の靴下を履くようにしてください。ちなみに、靴下を脱いだ時に、かかとが擦り切れていたり、親指部分が穴が開いているなど、恥ずかしい思いをしてしまうため、できれば新品を下ろすのがお勧めです。

ハンカチも結婚式では白色を使うのと同じく、お葬式の時には黒色のシンプルなものをポケットに入れておくようにします。一方、髪の毛は黒い人はそのままで良いのですが、ヘアーカラーを使って髪色を茶色やその他の色に染めている場合、そのままでは失礼に当たることもあるので、一時的に黒く染めることができるヘアースプレーを購入して髪色を黒くしておくことが大切です。

女性はショートヘアを始めとして、ミディアムやロングなど長さが様々ですよね。ショートヘアの人は、内巻きにブローを行うことでまとまりができて、上品な印象を与えることができます。やや長めのショートヘアの場合は、邪魔になる長さもあるかと思われますが、ヘアピンを使って止めておけば安心です。ミディアムやロングの女性の場合は、ゴムを利用して一まとめにしておくのが簡単です。ヘアピンで固定するだけでは少々失礼だと感じる人も多いかと思われますが、ゴムでまとめるのはちょっとと考える人にお勧めとなるのは、シニヨンスタイルなどアップスタイルにする方法です。シニヨンスタイルにする時には、まとめた髪の毛を毛先まで巻き付けてから、ピンを使って固定するのがコツです。ゴムを使ってまとめるよりもコンパクトにできるメリットがあります。

男性の場合は、長髪の人は後ろでゴムを使ってまとめておくなども失礼に当たらないのでお勧めですし、髪色を染めている場合は、黒ポマードを使ったり、ヘアカラーを使って黒色にするなどが大切です。茶髪のままでの参列は、周りの人々からの注目を集めてしまう、場合によっては悪い印象を与えてしまう恐れがありますので、可能な限り黒に統一することがお勧めとなります。尚、葬儀に参列する前にヘアスタイルを整えるためのくしやブラシなどを持って行くようにします。
admin

Recent Posts

  • アクセサリー
  • 葬式
  • 通夜
  • 香典

葬儀と通夜ってどんな感じなのか

誰かが亡くなると葬儀を行うことが多いです…

  • 声かけ
  • 宗教
  • 挨拶
  • 葬式
  • 香典

葬儀で持参する香典とは

葬儀に参列をしなくてはならない場合、香典…

  • 告別式
  • 日にち
  • 火葬
  • 葬式
  • 通夜

葬儀の日程ってどのようになるの?

葬儀とはお通夜や告別式などのお葬式のこと…

  • 供花
  • 告別式
  • 火葬
  • 葬式
  • 費用
  • 贈り物
  • 通夜
  • 骨上げ

葬儀にかかる全体の費用と内訳とは

国内での葬儀費用としておよそ250万円ほ…

  • スーツ
  • トラブル
  • マナー
  • 告別式
  • 服装
  • 通夜

葬儀に参列する際のマナーについて

葬儀に参列する際のマナーについて様々なと…

  • 弔電
  • 記帳
  • 香典

葬儀に行けない場合の対応とは

日頃から親しくしていた人が亡くなった場合…